【海外ドラマ】エンジェルス・イン・アメリカ / Angels in America - 無料動画映画海外ドラマ Cinemax

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラマ映画】 【動画】 【動画ポスト】 【FC2ランキング】 【TAB3】 【とれまが】
【にほんブログ村 動画紹介ブログ】
▼以下よりログインして、再生してください

ドラマ 動画 にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ fc2ranking ブログランキングならblogram とれまが


【海外ドラマ】エンジェルス・イン・アメリカ / Angels in America

2393.jpg


【あらすじ】
1980年代、レーガン大統領時代のアメリカ。エイズは同性愛者だけがかかる癌であると思わされていた時代。政治、経済、宗教、人権、法律、医療・・・アメリカは様々な闇を抱えていた。赤狩りの時代に権力を得た弁護士ロイ・コーンは、目をかけている連邦控訴裁判所の首席書記官ジョー・ピットをワシントンの司法省に送り込もうとする。しかしジョーは妻ハーパーを気づかい返事を保留する。ハーパーは何故かジョーへの不信感を募らせ精神安定剤をのんでは現実逃避ばかりしているのだ。ジョーと同じ職場で働くルイスは同性の恋人プライアーからエイズであることを告白される。ショックを受けたルイスはプライアーの前から突然姿を消してしまう。そんな中、ルイスとジョーは出会い、ふたりは親しくなっていく。息子ジョーから同性愛者であると告白された母ハンナは急遽上京、ひょんなことからプライアーと知り合い、彼の面倒をみるようになる。そのプライアーの前には、突然天使が現れ、彼には使命があると告げていく。一方、ロイ・コーンもまた主治医からエイズを宣告される。しかし彼の病床を訪れるのは天使ではなく、自分が電気椅子送りにした死者だった…。

【解説】
トニー賞やピューリッツァー賞に輝き、ロンドンのナショナル・シアターが「20世紀の最も偉大な戯曲10本」のひとつに選んだトニー・クシュナーの同名戯曲(本TVドラマ化に際し脚本化も手がけたクシュナーは、本作がエミー賞を受賞したことでトニー賞・ピュリッツァー賞・エミー賞という3つの賞を史上初めて1本の戯曲で制覇した)を原作に、「シックス・フィート・アンダー」「OZ/オズ」「ザ・ソプラノズ」などの傑作で近年の米TV界をリードするペイTV局・HBOが「一大テレビ・イベント」として制作したミニシリーズ。エミー賞11部門、ゴールデングローブ賞5部門、その他、米TV界のありとあらゆる賞をまさに総なめにした傑作TVドラマである。

アメリカが抱える問題を背景に、ゲイの幻想曲という過激なユーモアで描かれるのは、現実と幻想、天使と死者、過去と現在、絶望と希望。すべてが交錯し繰り返される中で、生きること、そして人生そのものを称える傑作。

監督・製作総指揮は、演劇界そして映画界の巨匠マイク・ニコルズ。映画「卒業」でアカデミー賞を受賞したニコルズ監督は、近年も精力的に映画と演劇の世界で活動しており、最近ではNYセントラルパークでチェーホフ劇の野外公演(このプロダクションには本作にも出演のメリル・ストリープや、ナタリー・ポートマン、フィリップ・シーモア・ホフマンらが出演!!)や、映画「クローサー」でアカデミー賞候補になるなど、その活躍はとどまるところをしらない。そして20世紀最高の戯曲を完全映像化するために、映画界の名優と演劇界の若手実力派俳優が結集。アメリカを代表する俳優であり、これがテレビ初主演となるアル・パチーノをはじめ、二度のアカデミー賞に輝く名女優メリル・ストリープ、同じくアカデミー賞女優であるイギリスを代表する女優エマ・トンプソンという、テレビには登場しえない大物俳優たちがそろい、そして舞台で活躍する若手実力派俳優のフレッシュな顔ぶれが共演。

エンジェルス・イン・アメリカⅠ(日本語吹替)2003年
エンジェルス・イン・アメリカⅡ(日本語吹替)2003年
エンジェルス・イン・アメリカⅢ(日本語吹替)2003年
【ドラマ映画】 【動画】 【動画ポスト】 【FC2ランキング】 【TAB3】 【とれまが】
【にほんブログ村 動画紹介ブログ】
▼以下よりログインして、再生してください

ドラマ 動画 にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ fc2ranking ブログランキングならblogram とれまが

無料動画 関連記事


人気動画 >
人気商品 >

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。